劇団 TOP  
CONTENTS  
 STAGE 2
 芥川龍之介原作「雛」

  このお芝居は、「年寄りの話でございますので

  退屈なさらないかと・・・」で始まる。

  老女が、少女時代を語り聞かせる物語である。


  江戸から明治へ時代が移る中、金貸しをしていた

  紀伊国屋は各地の大名に御用金などを立替えて

  いたが、貸し倒れなどが続出して傾いた。

  とうとう娘の雛まで売り払うことになる。

  売られるのは仕方がない。

  しかし、手放す前に一度でいい、見るだけでも・・・

  と願う少女お鶴の願いも、前金を貰ったからには

  他人様のものと、父は頑なだ。
 


 諦めきれない鶴の気持ちは通じることもなく、異国人

 に売られる前日を迎える。


 お鶴もいつの間にか寝入ってしまった。


 が、何かの気配に、フィット目を覚ましたお鶴の目に

 飛び込んできたものは・・・!?


 時代の風潮に押し流される小さな心の嘆きは、

 時代を越えても、少しも変わらない。


 世の大人たちは、芥川龍之介のこの鋭い眼差しを

 正面から受け止めることが出来るだろうか?

芥川龍之介作 「雛」 シナリオハンティング

- 前のページへ戻る -
トップ
劇団概要
  劇団創立、そして今  
文化振興財団主催
三浦綾子作品
中学生演芸鑑賞教室
三浦綾子ファン
 
所属者TU
ギャラリー
稽古場便り
公演問合せ
募集
掲示板
リンク集
劇団ブログ

結婚式司会のオフィスアドック
結婚式司会

東京の結婚式場
・式場情報サイト
 
 
Copyright 2004 Theater adhoc