劇団 TOP  
CONTENTS  
ギャラリー 【作品集】
< 芥川龍之介・・・そして三浦綾子 >

 劇団アドックの作品集です。
 タイトルをクリックで詳細をご覧頂けます。
 是非ご覧ください。

「何とて我を」 加須 館林 大田  足尾銅山鉱毒事件を中心に描き出される人のこころ。
「雛」 東京オリベホール(六本木)  芥川龍之介原作 父の事業が傾き売りに出されることになった雛人形
 売りに出される前夜ふと目を覚ました娘の見たものは・・・
 「雛」 シナリオハンティング
「母」 東京、天童(鑑賞教室)  三浦綾子原作 極貧の中にありながら底抜けに明るい家族と、キリスト
 の死に重なり見える多喜二の死 人としての心のありようを問う。
 「母」 シナリオハンティング 
 「母」 初演評 初公演につきまして。 お答えいただいたアンケートや後日お手紙にて頂きましたご感想です。
 「母」 再演評 再演後に頂きました。観劇のご感想です。
 「母」 天童市立中学校演劇鑑賞教室 感想文 演劇鑑賞教室での感想文です。
「新しき鍵」  中目黒ウッディシアター  三浦綾子のエッセー集「新しき鍵」より 生と死を問う問題作
「祝婚歌」  稽古場公演  西島大作 神尾哲人翻案 「飾りではない愛の形を問う」
「母(独り語り)」  オステリアマラネッロ  三浦綾子作「母」の三園ゆう子独り語りバージョン
「にんじん」  オステリアマラネッロ  ルナール作「にんじん」より 世界の名作を劇化上演
「そして・・・   
河童は消えた」
 明治神宮参集殿  杜の中の伝統文化祭子どもの杜公演 神尾哲人作(創作民話)
上演候補作品
< 原作を含む >
 

 ●三浦綾子原作 「青い棘」

 人は生きる証(あかし)を求めるが故

 に、よりよく生きようと苦悩する。

 戦時中、学業を捨て海軍に志願し、

 愛する妻を失い、失意の中で敗戦を

 迎えた邦越康郎が、息子の嫁の中に

 亡くした妻と生き写しのしぐさと声を

 感じて、妖しく心が揺らぐのであった

 青春の始まりから終わりを戦争に費

 やして奪われた「自分」とりもどすこと

 は、失われた愛の追憶を断ち切ら

 なければならない。 しかし、今なお、亡き妻、緋紗子の面影を追い続ける・・・。
 

 ●三浦綾子原作 「新しき鍵」

 結婚を間近にした友人の娘(由香理)に、幸せを願って

 贈る「愛のメッセージ」。私たちは誕生とともに「生きる」

 ことと、「死ぬ」ことの両方を授かったことを、いつの間

 にか忘れている。今日生きていることを、明日も生きる

 ものと無意識のうちに思い込んでいる。

 生きるとは、結婚とは、愛とは・・・。

 三浦綾子、三浦光世の講演会を再現し、短編集の中

 から、心を揺さぶる作品を組み合わせ、語りと演劇で

 構成する劇空間です。 2003年秋、部分を試演会

 として上演、好評を得、本公演作品に仕上げる。

 三浦綾子を三園ゆう子が演じる。
 

 ●三浦綾子原作「細川ガラシャ夫人」「千利休とその妻たち」「泥流地帯」他

 ●高田栄太郎作「みどりの炎(古田織部)」

 ●アントン・チェーホフ作「熊」「白鳥の歌」他 ●O・ヘンリー原作「賢者の贈り物」他

 ●芥川龍之介原作「雛」(再演) ●三浦綾子原作「母」継続公演


 劇団アドックのこんな作品が見たい!というご意見が御座いましたらこちらから >> 「ご意見窓口」
トップ
劇団概要
  劇団創立、そして今  
文化振興財団主催
三浦綾子作品
中学生演芸鑑賞教室
三浦綾子ファン
 
所属者TU
ギャラリー
稽古場便り
公演問合せ
募集
掲示板
リンク集
劇団ブログ

結婚式司会のオフィスアドック
結婚式司会

東京の結婚式場
・式場情報サイト
 
 
Copyright 2004 Theater adhoc