劇団 TOP  
CONTENTS  
 STAGE 1
 劇団立ち上げ準備作品「何とて我を」

 


足尾銅山鉱毒事件は、殖産興業、富国強兵政策を

強行する中に起きました。台風によって渡良瀬川を

流れ落ちる泥流は堤防を壊し、一気に農村一帯に襲い

かかったのです。

この泥こそ銅山から流れ下った鉱毒だったのです。

川には魚が浮き、稲は立ち枯れ、農漁民の生活は奪

われました。

ときあたかも国会議事堂が開設され、第一回目の

帝国議会が開催された年でした。

栃木県から選出された衆議院議員 田中正造も、

全国から選出された議員として列席していました。

直ぐに議会の解散にあい故郷に帰った正造を迎えた

のものは、鉱毒の泥にまみれた田畑と途方に暮れる

村人だったのです。

日がたつにつれ井戸水にも鉱毒がまわり、体をこわす

人、生まれる赤子にも影響が出始め、母乳も汚染

され始めたのです。

写真≫(上)ゆうを演じる三園ゆう子と清次郎役の

藤田祥央

     (下)横から見た空舞台

    

- 前のページへ戻る -
 
トップ
劇団概要
  劇団創立、そして今  
文化振興財団主催
三浦綾子作品
中学生演芸鑑賞教室
三浦綾子ファン
 
所属者TU
ギャラリー
稽古場便り
公演問合せ
募集
掲示板
リンク集
劇団ブログ

結婚式司会のオフィスアドック
結婚式司会

東京の結婚式場
・式場情報サイト
 
 
Copyright 2004 Theater adhoc